古墨 極上油煙墨 東方 公9号 玉泉堂

固形墨

東方 公9号 48g 極上油煙墨 古墨 公9号シール

玉泉堂
幕末のころ、伊勢の国河芸群(現白子町)の豪商、長島孫四郎は有名な墨の研究家で、時の藩主より通行手形を許されていました。元治元年(1864年)奈良市高天市町に長島製墨工場を設立。明治3年(1870年に)奈良より三重県鈴鹿市白子町に工場を新設し、玉泉堂製墨工場と改称。伊勢墨は捺染・下染・紋書などに端を発した関係上、高級な墨を要求されましたので、幾多の銘墨を生み出すことになりました。

商品名 東方 公9号
サイズ 48g 30×107×13㎜
価格 33,000円(税込)
項目 極上油煙墨 古墨 公9号シール

この商品について問い合わせる